火葬後のペットちゃんのお骨どうするのが正解かな

ご火葬後、ご家族の元へペットちゃんが戻った後に多くの方に同じようにご質問をお受けします。
『このお骨はどうすれば良いのでしょうか?』
私達、人間であれば四十九日を迎えてからお墓や永代供養のお寺などに納骨するのが一般的ですね。
ペットちゃんの場合はどうでしょうか?
これが正解と言うのはございません。飼い主様の『想い』が一番重要です。

人間のお骨の場合、言い伝えなどでは祟(たたり)が起こると言われましたが、どう思われますか?
私は亡くなってお骨になっても大切な人やペットちゃんがそんな祟を起こすとは思えません。
調べると諸説ありますが、一つお伝えすると
昔は、今のようにお仕事が分業しておらず田畑を耕しで、その日暮しで生きていた頃の話です。
身内の大切な人が亡くなり、何ヶ月も何ヶ月も近くに遺骨を置いて悲しみ苦しみ常に考えていると、生きていくための農作業ができなくなり、死と直結してしまし実際に亡くなった方が居たそうです。
それから、納骨をせずにずっと家に置いてると祟りが・・・ となったそうです。

現代は、農作業ではないのでそんなことはありませんので同じ状況にはなりませんが、いかがでしょうか?
四十九日で納骨する。 昔からそうであればそうしたほうが良いのでしょう。

ペットちゃんも四十九日で納骨または散骨するのはいかがでしょうか?
とある人からのこんなお話をお聞きしました。

ペットちゃんは、亡くなってから上の世界でやることがいっぱいあるの。忙しいんですよ、だからいつまでももってたらダメよ。ペンダントに骨を入れて・・・ ダメよ! ちゃんと上の世界に帰れるようにしてあげてって言われました(汗)

そうか、わかる人がはっきりと言いましたので、私も今後は私の意見として、四十九日後はお庭やよく散歩した公園などに散骨されたらいかがでしょうと言うように致します。

散骨の際は、心苦しいかもしれませんができる限り細かく砕いて、散骨してください。
理由は、早く自然に還るためです。
砕かずに土に埋める場合は、けっこう深めにほって埋めてください。他の動物が臭いをたよりに掘り起こしたり、または人骨が出たと騒ぎになり問題になる場合がありますので、くれぐれもご注意ください。
当社で葬儀を行ったお客様には、有料ですがお骨をパウダー状にする事もお受けいたします。費用は5,500円です。

皆様、ご自身の希望はどうですか? 納骨ですか? 散骨ですか? 散骨はどちらに希望されますか?